lifehaccck

生活に必要な記事になれば誰かのためになると思ってま〜す。

熱中症対策に影響的なミネラル入りむぎ茶はおすすめします。

専門家が語る。

熱中症対策に影響的なミネラル入りむぎ茶は『無糖のスポーツドリンク』日本ランニング協会も推薦!健康的にスポーツを楽しむ層で、むぎ茶を飲む人が急増しています。

健康意識の高まりや老年期化による健康寿命への関心によりスポーツ時の飲料として、現在ミネラル入りむぎ茶の注意が高まっています。

駅伝の強豪・東洋大学は、普段暮らしで健康状態を整えるために、ミネラル入りむぎ茶を『コンディショニング飲料』として採用しております。

熱中症対策に影響的な「ミネラル入りむぎ茶」は、健康的にスポーツを楽しむ方には“無糖のスポーツドリンク”として、アスリートには“コンディショニング飲料”としてお薦めできます。

 

 

熱中症とは

熱中症」は、水分やミネラル不足から体内のすり合わせ性能が破綻する事で、体に熱がこもり熱中症を引き起こします。

ミネラル入りむぎ茶の「血流改善影響」が、熱中症対策に成果的であると言えます。

それ以外、体の余分な熱を奪い体の内側体温を低下させる「体温下降効果」もあり、カフェインも内蔵さず、我が子からご年配、冷え性の方、妊婦の方にも心配無用な飲料と言えます。

 

 近年の健康意識の高まりや高齢化による健康寿命への関心により、スポーツ人口は増加性質にあります。

そんなスポーツ時の飲料として、ミネラル入りむぎ茶の注意が高まっています。

 ランニングを生き方の局所として定着させ、一通りの人が健康になる事に貢献したいという理念を持つ一般社団法人日本ランニング協会の代表理事・小林渉さんは、「ランニングでは長距離を走る分、水分とともにミネラルの補給がかなり肝心です」と話します。

他にも、河村循環器病クリニックの河村剛史院長は、「無糖でカロリーやカフェインがなく、ごくごく飲めるミネラル入りむぎ茶は、健康的にスポーツを楽しむ層にとって“無糖のスポーツドリンク”としてお勧めです」と話します。

水分だけでなく、ミネラルを補給することが肝心汗をかくと水分だけでなく体に必須な栄養素であるミネラルも失われます。

ミネラルは体内でつくる事ができないため食品や飲料から補給する必要があります。

普段飲料として飲まれている“ミネラル入りむぎ茶”はミネラルが補給可能なうえ、糖分を内蔵さないため健康づくりを意識したランナーにお薦めのドリンクと言えます。

当協会でもスポーツ時の水分補給にイチ押ししています。

健康意識の高まりによるスポーツ人口の増加健康意識の高まりにより、ウォーキングやランニングをはじめとしたスポーツ人口は増加性質にあります。

サッカーW杯をはじめ、2019年にはラグビーW杯、2020年には東京オリンピックと大きなスポーツイベントが続くため、国民のスポーツへの関心はなお高まる事が予想されます。

 

温暖化により熱中症患者が増加する中、熱中症対策として「ミネラル入りむぎ茶」を手に取る人が増加しています。

楽々にミネラルが補給可能なうえ、糖分もカフェインもなく、ごくごく飲めるミネラル入りむぎ茶は、総ての世代の方が心配無用して飲むことが可能な国民飲料です。

そのため、娘から年配者まで健康的にスポーツを楽しむ人達のあいだでも、「ミネラル入りむぎ茶」の飲用が増えています。

熱中症対策に影響的な「ミネラル入りむぎ茶」は、健康的にスポーツを楽しむ方には“無糖のスポーツドリンク”として、アスリートには“コンディショニング飲料”として推奨できます。

健康を目的にランニングやウォーキングなど味わってでスポーツをしている方は、糖分の摂り過ぎに配慮が必須です。

過剰に摂取してしまうと急性の糖尿病に似た症状(いわゆるペットボトル症候群)、になる危険性があります。

健康的に体を動かす方には、無糖でミネラルが補給可能な“ミネラル入りむぎ茶”がお薦めで“無糖のスポーツドリンク”と言えるでしょう。

 気温が上昇する今後の季節は、日常やスポーツ時の熱中症対策に配慮が不可欠です。

ミネラル入りむぎ茶の健康長所である「血流改善成果」や「運動時の血圧上昇抑制効果」は熱中症対策に影響的です。

夏場のスポーツは、熱中症に配慮が必要 

過去に国際試合大会において、日本人のスポーツ選手が熱中症対策として、高純度塩(食塩)摂取による塩分補給と水分補給を行っていたにも関わらず、競技中に筋肉の痙攣を起こして動けなくなるという時が日本人のみに多発しました。

この原因として、日本人の塩分摂取が高純度塩なのにそれに対し、外国人はマグネシウムが内蔵されている低純度塩(岩塩など)を摂取しているという差異があります。

ゲーム中に起こる筋肉の痙攣は水分と塩分の不足によるものだけではなく、マグネシウムの摂取不足に起因する見込みが腹積もりられます。

 熱中症は、重症度に応じて3段階に分類されていますが、試合スポーツを行うアスリートは「熱疲労」を想定した対策が必須です。

熱疲労とは、水分と塩分が汗により失われるために血液量が減少し、低血圧症状として、めまい・立ちくらみ・頭痛などが起こる脱水症状です。

一般の方は「熱痙攣」を想定した対策が不可欠です。

熱痙攣とは、多量の汗が出た時に塩分補給をしないで水分だけを補給し、マグネシウム不足による筋肉痙攣が起きた状況です。

 

対策としてはコンスタントに水分とミネラル分を補給する事が影響的です。

マグネシウムが内蔵された“ミネラル入りむぎ茶”は、血流を改善する成果、及び運動時の血圧上昇を抑制する影響があることが研究で分かっています。

これらは特に前記の熱中症対策に影響的で、水分・ミネラル不足による血液のドロドロ状況が引き起こす心筋梗塞脳梗塞などを防ぐ手段としても有効です。

ミネラル入りむぎ茶はアスリートの“コンディショニング飲料” 

ミネラル入りむぎ茶が持つ「血流改善効果」によって、血液がサラサラになり、筋肉への血流量・酸素輸送量が増加する事で、持久性運動技術の向上が望みできます。

加えて、「運動時の血圧上昇抑制成果」は、血圧の上昇を抑えるため無駄なエネルギー支出の抑制につながります。

この事から、アスリートには日常的に具合を整えるための“コンディショニング飲料”として、ミネラル入りむぎ茶を継続飲用することを推奨します。

 

「点滴飲み」が効果的な理由。

普段的な水分&ミネラル補給が大事です。

 水分とミネラル補給は、一気に行っても血液内に吸収された時にしか効果がないのですので、少しずつ継続的に飲む「点滴飲み」が成果的です。

意外に知られていませんが、熱中症は生じてした当日の水分とミネラル不足から起こるのではなく、数日前からの不足がきっかけで発生します。

常日頃から意識的に水分、ミネラル補給を心がけてくれと思います。

健常な男性15名をミネラル入りむぎ茶とミネラルを加えていない当たり前のむぎ茶、そして飲料を何も飲んでいない被験者に分類て、エルゴメーター(※)による運動負荷を行い、運動前と後に血圧を測定した。

その結果、「収縮期(最大)血圧」では飲料を飲んでいない被験者に比べてミネラル入りむぎ茶、普通のむぎ茶を飲んだ方が低く推移した。

一方、「拡張期(最小)血圧」はミネラル入りむぎ茶でのみ血圧が低く推移した。

※実のところにスポーツを行っているような負荷をかけて、体力トレーニングなどを行う器具。

▼ミネラル入りむぎ茶を飲む事で、軽〜中等度の運動時の血圧上昇を抑制(初夏〜秋にかけてのスポーツ時水分・ミネラル補給に好適)〜駅伝の強豪・東洋大学は、ミネラル入りむぎ茶を『コンディショニング飲料』として採用!〜 大学駅伝の強豪、東洋大学陸上試合部の駅伝チームは、普段暮らしで具合を整えるために、ミネラル入りむぎ茶を“コンディショニング飲料”として採りいれています。

その訳を東洋大学駅伝チームを率いる酒井俊幸監督は「練習だけではなく、普段暮らしでのコンディション作りがレースの結果を大きく左右するため、具合に大きく関わる食事管理の重要さを選手には指導しています。

ミネラル入りむぎ茶は、ミネラルが補給でき、無糖でカフェインゼロの優れたコンディショニング飲料と言えるため、安心して選手に薦める事ができます」と語ります。

実のところに飲んでいる選手たちも「甘くなくスッキリしていて飲みやすいので、練習時でも抵抗なく飲む事ができます」と話す。

東洋大学陸上ゲーム部長距離部門駅伝チーム・酒井俊幸監督■レース結果の全ては、普段からのコンディション作りにあります。

選手たちの中には、糖分を摂り過ぎてしまう選手、巧妙に水分補給ができていないため、いつも脱水性質にある選手が見受けられます。

ランナーにとって、水分補給はコンディション作りに欠かせない重要な取組みです。

諸々なドリンクがある中のひとつとして、無糖でカロリーゼロ、カフェインもなく、ミネラルが補給可能な「ミネラル入りむぎ茶」を、定期的のコンディショニング飲料として選手に対して積極的に薦めています。

今後の季節、注意が不可欠な熱中症対策は無論、血液サラサラ成果や運動時の血圧上昇抑制成果など、選手のパフォーマンスに貢献可能な健康ありがたみがある事も薦める所以です。

 

主にウォーミングアップや練習後のクールダウン、しかもは普段暮らしでの水分、ミネラル補給に適していると考えます。

選手にとってレースまでの全ての事がコンディション作りの場になるため、ミネラル入りむぎ茶は、まさに選手にとっての「コンディショニング飲料」と言えます。

■選手のコンディション作りに“ミネラル入りむぎ茶”が貢献■「熱中症対策」に効果的な“ミネラル入りむぎ茶”『血液さらさら影響』と『体温下降影響』の健康成果野崎豊先生(ノザキクリニック院長)日本小児学会専門医、認定産業医/日本体育協会公認スポーツドクター日本東洋医学会代議員/漢方専門医/臨床内科医会専門医 日本の夏は湿度が高いため「熱中症」になりやすい環境であると言えます。

熱中症」は、水分やミネラル不足から体内のすり合わせ働きが破綻する事で、体に熱がこもり熱中症を引き起こします。

体温調節性能が未発達な乳幼児や体温調節や発汗働きが低下している高齢者は特に配慮が必要です。

熱中症」は、日中だけではなく夜間や深夜にも注意です。

「睡眠中の熱中症」対策には、就寝前と起床時の飲用が成果的です。

 体内で生じてした熱は、血液によって皮膚に集める事でその熱を体外に放出し、血液の温度を下げる事で体内の熱を下げます。

それ故、水分やミネラルが不足して血液がドロドロ様子になると、血液の流れが悪化し熱を放出できないため、熱が体内にこもり「熱中症」にかかってしまいます。

そんな訳で、ミネラル入りむぎ茶の血流改善影響が、「熱中症対策」に影響的であると言えます。

 加えて、ミネラル入りむぎ茶は、体の余分な熱を奪い体の内側体温を低下させる「体温下降成果」もあり、「熱中症対策」に成果的と言えるでしょう。

むぎ茶は医薬品と異なり一般の食品のため、これらの成果は緩やかです。

カフェインも含みませんので、お子さんから高齢者、冷え性の方、妊婦の方も心配無用な飲料と言えます。

 

血流改善効果:健常な男性22〜23名にミネラル入りむぎ茶と2種類の一般的なむぎ茶を飲んだ後に、一定量の血液が流れる時を測定すると、ミネラル入りむぎ茶が最も血液流動性が高い結果となった。

ミネラル入りむぎ茶のみ、統計的有意差のある改善がみられた。

(ミネラル無しのむぎ茶A、Bでは有意差は認められなかった。)

体温下降影響:ミネラル入りむぎ茶を飲んだケースミネラル入りむぎ茶を飲むと腹部、胸部の体温が1.7℃下がり、手先などでの移り変わりはなし。

冷え性の方でも安心です。

自分の幸せを願う人と 他人に幸せを願う人

今週のお題「星に願いを」

人は自分の幸せを願う人と

他人に幸せを願う人がいる。

 

七夕の願いで顕著に出ている光景を目の当たりにしたのですが、

とあるスーパーの1画を使って

短冊に願いを書こうというコーナーがありました。

そこに外国人男性と日本人女性のカップルが何やら書いていました。

 

自分子どもたちも書いてみたいということで

参加したのですが、子どもは「ぴかちゅーになりたい」「仮面ライダーのようにつよくなりたい」など

楽しい願い事を書いていたのですが、

ふとその男性をみると

まだ日本語が上手ではないんだろうと思うのですが、自分の携帯で漢字を調べながら

丁寧な字で何かを書いていました。

男性が書き終わり、女性に見せるとその女性は小さく笑顔になり

二人は笹に願い事を結んでいました。

 

その後二人はスーパーに手を繋いで買い物をしていく姿をみて

昔はあんなんだったなぁ〜としみじみし、その短冊の内容をみると

 

「彼女が健康で幸せになりますように」

 

と書かれていました。

 

人は

自分の幸せを願う人と

他人に幸せを願う人がいます。

そんな他人の幸せを願う余裕のある人生にしていけたらと思う。

七夕になりました。

副業をはじめたがなかなか収益にならない

副業のランサーズで自分の能力をいかせないかと

仕事をはじめて1ヶ月ようやく確定した仕事が取れると思った矢先、

突然の仕事の横取り。。。

こりゃやられました。

戦略的に様子を伺い、いいところで仕留めにかかる手法で

僕の仕事が見るも無残に消えてなくなりました。

ほんとにこれどうにかしてほしい、横取りはなしでしょ。

サポートからの返信では下記URLに書いているということでした。

無知は怖いですね、決まった時点で即決ボタンを押せば締切になったのに。

ランサーズのなかでの話ですみません。

 

この知識・情報の差がビジネスにおいてもかなり優位になってくると実感しました。

 

good.hatenablog.jp

 

いい経験と言えばいい経験なので次に活かしていきたいと思うのですが、

2万の仕事だったので正直凹んでいます。

 

あ〜ツラい。

デザインの仕事をして10年、仕事を取りに行くことの難しさを実感しているところです。

どなたかフライヤー、名刺、ロゴ、など仕事くれないですか?

修正無制限で10000円からお受けしますよ〜。

 

あとはしっかり自分の副業用のサイトを作って、

そこでSEOをかけて流入数を増やしていかないといけないなと思いました。

 

現状では自分で企画段階から初めて、分析、改善、提案などを経て

売上げアップまたはアクセスアップなどの経験がないため、この経験をいかに早くしっかりと作っていくかが今後の課題となります。

今年ももう半年が終わるのかと思えは時間が立つことの早さと残りの人生をしっかりと見つめ直さないと行けないと思いました。

 

今日も会社に残り、自分のパソコンでこそこそとブログを書き綴っています。

現在会社に残っている人数 3/40です。

みなさん遅くまでご苦労様です。

 

企画を立てる際はお気をつけください。

やらかしました。笑

 

部内でSNSを使った新しい企画を組むにあたり、企画を任され

約2週間かかり8枚ほどの企画書に仕上げたのですが、

f:id:higashigashigas:20180626192819j:plain

仕事が遅いとかは無しでお願いします。。。

上長に提案、企画内容を淡々と説明していたのですが、

 

ふんふん、うなずく上司

 

たんたんと説明する自分

 

20分ほどの説明が終わり改善点など話し合おうとしたところ、

いろいろ調べてもらって、キレイにまとめてもらったところ悪いが

言いたいコトが違う。と。

 

イイタイコトガ チガウ〜

イイタイコトガ チガウ〜

イヤ--ヤメテ---ソンナコトイワナイデ---!

f:id:higashigashigas:20180626192839j:plain

自分のヒアリング能力のなさに落胆しました。

優しい上司は「最終的に言いたいことは一緒やけどな。」

「だいぶ大変やったんちゃう?」

など心優しい言葉を慎重に選んでくれて説明してくれました。

 

かなり刺さりましたね。

ほんとすみません。。

 

改めて話し合いをし、具体的にSNS施策はこうするといった方向性と

目的を二人で話し合い間違いがないようにしたところで、

再提出という事になりました。

 

 

プレゼン資料は上層部に出すので、具体的な施策内容やスケジュールは

簡単でいいから、この企画を実施することによってどう売上があがるか。という事を

示さないといけないと言われ、まぁそのとおりだなと自分で納得し

今自分のデスクでやり直しているところで、頭の整理も含め

この記事を書いているところです。

 

たまにやらかすことなのですが、最初のスタートから違う。

言いたいことはコレジャナイ。

コレジャナイ企画。

そう命名したところで、家にでも帰ろうかと思います。

お題「今日の出来事」

いつもの時間に起き、

いつも通り歯を磨き、

いつも通りに出勤し、

いつも通りに仕事を終えた。

 

大阪に震度6弱地震来た次の日です。

社内スタッフには部屋が散らかり、歩く場所もないような状態の人もいれば

自分のように通常通り生活ができている人もいる。

断水で思うように生活できなく、お風呂も入れずストレスはかなり溜まっているにも関わらずいつものように出勤していた方、温かいお湯が出て家族でお風呂に入り、食べたいものを食べいつもの時間を過ごした自分。

外見は変わらないけど、中身が違うだろう。

大人だから大丈夫。どこかでストレス発散できれば問題ない。

亡くなられた方に比べれば大丈夫。

様々な考え、意見があるだろうが、絶対に通常通りではない。

 

天災だから仕方ないよと、くくってしまえば仕方ないとも言えるが

でもそれでも自分の大切にしていた空間、モノ、人、さまざまな形で

崩れただろう。もし自分に被害が出たらどうだっただろう。。

いつも通りに出勤してこんな記事も書けるだろうか。

身近に経験した人がいるいないに関わらず

何かできることはないかな。

状況を知り、必要なものを必要なだけ用意する。過剰はいらないだろう。

不要なものはいらないだろう。本当に必要なものは直接聞かないとわからない。

そんな現場の声を少しでも

届けるのがSNSだろうなと改めて痛感した。

 

そのSNSでデマを流す。不要な情報を必要な人に流す行為は決して許されるものではないし、便乗してしまう人も許されることではない。

シマウマが脱走した。

trends.whotwi.com

ほんとただの熊本の震災に便乗かつ皮肉も込めた投稿だと感じる。

被災された方に少しでも笑ってもらうと思うなら他にもっとあるんじゃないかな?

 

 

そんな特別な日の翌日は

本当にいつも通り出勤した日でした。